上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院した次の日。午後2時に約束している家があった。

3日安静にしてろと言われていたが、
病院を抜け出した。

パジャマにレインコートを着て、タクシーに乗った。

ある家の前で降りた。

呼び鈴を押す。中からパタパタと音がする。
ドアを開ける。

「おじちゃん。きてくれたんだ。」
(おれはもうおにいちゃんじゃないんだ。ちょっとショックだな)
「まってて」

奥のほうから、何かを持ってきた。
「おじちゃん。いつもありがとう。はいバラの花。」
そういって俺に渡してくれたのは、
牡丹の花。

玄関に座り、その子を抱きしめる。
「おじちゃん、あったかいね。今度はぼくが助けてあげる。」
(俺は、この子に心の重しを与えてしまったのか?何をやってるんだ俺は。)
「気にすることはないんだよ。元気に遊んで、健康でそして勉強いっぱいしてほしい。」

「また遊びに来て」
後ろからそういわれて、苦笑いしながらうなずく。

外は雪が降っていた。
とぼとぼと帰る道のり。

牡丹の花を見る。
折り紙でリボンを作り飾ってある。

俺はこれだけで十分なんだけどなぁ・・・・




さて!今日こそは病院を脱出できたので、
RSに参加しますかぁ^^

みんなぁ。またがんばろうかね^^¥
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mikiyan34.blog98.fc2.com/tb.php/55-74d56cd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。